田んぼできずなづくり
メンバー紹介

地域の課題を一緒に解決


ファゼーロ
 
風土人は、地域でお米づくりなどを行っているだけでなく、
地域の方々だけでは解決できない課題を地域の方々と一緒に解決しています。
 
〇上の写真は地域のお祭りで、「火祭り」です。
投げ松明に火をつけてカゴに投げ入れるお祭りで、夏祭りとして各地で行われています。
活動の地である身延町相俣地区でも行われていましたが、過疎化のため運営が困難となり途絶えてしまっていました。
そこで、お祭りの準備から当日の運営を一緒に行うことで、2011年に復活し、その後も協働で開催しています。
 
〇遊休農地の活用
過疎高齢化で、使わなくなった田畑が増加しています。“田んぼできずなづくり” のお米づくりや “畑クラブ” でのあけぼの大豆などの栽培は、こうした遊休農地を使っています。
景観だけでなく、地域の方々としては代々継いできた農地が蘇ることを喜んでくださっています。田畑の管理は、地域の方々にお手伝いいただいています。
 
〇放棄果樹の収穫
地域の方々は、いろいろな果樹を持っていますが、これも高齢化や食べる方が減って放棄されるようになってきてしまいました。こうした放棄果樹は、鹿や猿の餌となり、人家に寄って来たり、田畑に寄ってくる原因となっています。
そこでこうした放棄果樹を収穫させていただいています。
 

〇特産品「あけぼの大豆」を応援しています
地域の特産品、大きくて甘くてうま味があるあけぼの大豆は本当に美味しい大豆で、枝豆が大人気です。
まだまだ認知度が低いこともあり、一人でも多くの方に知っていただくよう応援をしています。
また、加工品の開発時も、都市部でも受け入れられやすいような視点で参加しています。

 


活動レポート






 

地域をつなぐ

止めてしまった地元のお祭りの復活など、地域の課題解決を地域の方と一緒に行っています。


都市をつなぐ

地域や地域の産物などを都市とつなぐ活動をおこなっています。「きずな食堂」「あけぼの大豆枝豆とカクテル講座」「あけぼの大豆枝豆のマルシェでの販売」など。