田んぼできずなづくり
メンバー紹介

富士山と生きるおばあちゃんの知恵 from 「くらそうね」

「くらそうね」は、「家族の価値観」を育てるWebマガジンです。
そこでライターを務める風土人代表・豊田有希のコラム
「富士山と生きるおばあちゃんの知恵」。
身延町のおじいちゃん、おばあちゃんの生活の知恵を紹介しています。

春をおすそわけ・竹の子・わらびと花と会話する暮らし。

2018.4.26



土の中の竹の子には先客が?!
乾燥竹の子で作る絶品煮物。
 

2018.4.5



野菜が高いときには漬物が大活躍。
田んぼは啓蟄(けいちつ)から始まる。
 

2018.3.6



山の幸がたっぷりの”技あり”のお手製御節 

2018.2.20



田んぼの藁を使った自家製しめ縄作り

2018.1.17
 
 

簡単!今が旬・ゆず香る白菜の一夜漬け

2017.12.21


お米の収穫から脱穀と「絶品・栗の渋皮煮」レシピ

2017.12.12


田植えと、旬の山菜「ウドのきんぴら」の作り方

2017.5.30
 

1年の田んぼの始まり「籾まき」と春の恵み

2017.5.2

春の恵み「ふきのとう」を使ったふき味噌の作り方

2017.3.28
 

2~3週間現金を使わなくても豊かに暮らす田舎の知恵

2017.2.28
 

お正月の「どんと焼き」の様子と白菜と炭活用法

2017.1.20
 

エコであったか自作の窯で「炭焼き」と、おばあちゃん特製大根料理レシピ

2016.12.29
 

おばあちゃん直伝冬の旬「ゆず」の活用法

2016.12.01
 

1年で3週間程度しか食べられない「あけぼの大豆」と、ご飯にあうししとうの佃煮レシピ

2016.10.25
 

収穫後の乾燥がお米の味を決める!稲刈りと美味しくご飯を炊くコツ

2016.10.04
 

手作り感あふれる伝統のお祭りが復活!火を勢い良く投げる「投げ松明」

2016.09.06
 

梅の産地ならではの活用法!山梨のおばあちゃん直伝「梅レシピ」

2016.07.05
 

幻の大豆と富士山と生きる町。山梨県身延町の魅力と田植えの季節

2016.06.01
 
 
 







 

地域をつなぐ

止めてしまった地元のお祭りの復活など、地域の課題解決を地域の方と一緒に行っています。


都市をつなぐ

地域や地域の産物などを都市とつなぐ活動をおこなっています。「きずな食堂」「あけぼの大豆枝豆とカクテル講座」「あけぼの大豆枝豆のマルシェでの販売」など。