活動レポート

4月4日(土) 水路掃除、じゃがいも植えつけ、肥料播き

コロナウィルス感染症の拡大によって延期されていた作業をスタッフだけで実施しました。
2月の味噌作りが中止になったため、ほとんどのメンバーは今年初の身延訪問です。

私たちの田んぼは例年と同じように静かですが、昨年までと少し違うところがあるのはわかりますか?そうです、周囲がしっかりした獣害対策用のネットで囲まれています。

田んぼへの入り口は大きく開く扉が設置されており、私たちの憩いの場“あずま屋”もその中にあります。

川側もご覧の通りしっかりした高さのあるネットが設置され、鹿やイノシシや猿が入れないようになっています。

と思って周りと見ていると・・・
田んぼと畑の間を流れる水路のところが空いている!?ということで、応急処置として金網を設置しておきました。(業者がちゃんと補修してくれるそうです)

もう一つの変化はあずま屋。修身さんが砂利をまいてくださったようで、雨の後でもドロドロにならずに済みそうです。修身さんのちょっとした心遣いが嬉しいですね。

さて、肝心の作業ですが、今回はコロナウィルスの感染リスクを極力避けるため、東京勤務のメンバーと山梨県在住チームは接触を避け、離れて別々の作業となりました。

こちらは山梨チーム男子の水路掃除の様子。二人で大変な作業をやってくれました。

山梨チーム女子の二人は畑作業です。いつもの明るい笑顔を見せてくれました。

その二人にとよぽんを加えた3人でじゃがいもを植えてくれました。

さらに、スナップエンドウなどの豆の畑も成長に合わせた整備をしてくれました。

この日の作業は午前中で終了。感染症の拡大リスクを少しでも減らすため、早々に田んぼを後にしました。お弁当もコーヒータイムもない一日は少し寂しいですが、今は我慢ですね。

最後に、田んぼ横にキレイに咲いていたお花です。作業の後に見ると癒されますよね。

 

今回はスタッフだけの作業で人数が少なく、写真があまり撮れませんでしたので、アルバムはありません。

早くコロナ騒動が収まり、皆さんと一緒に楽しく作業できる日がくることを心から願っています。      

4月25日(土) もみまき

コロナウィルス感染症の拡大によりスタッフだけで実施しました。

 

5月15日(金)・16日(土) 代かき

コロナウィルス感染症の拡大によりスタッフだけで実施しました。

 

5月23日(土) お田植え

コロナウィルス感染症の拡大によりスタッフだけで実施しました。

 

5月30日(土) チェーン除草(第1回)、畑の草刈り

コロナウィルス感染症の拡大によりスタッフだけで実施しました。

 

タイトルとURLをコピーしました