活動レポート

3月27日(土) 水路掃除、じゃがいも植えつけ、肥料播き

いよいよ今年の活動が始まりました。みのぶは晴天に恵まれ、身延山もきれいに見えていました。

まずは朝礼から。

朝礼には修身さんも来てくださり、笑顔を見せてくれました。

作業前にコロナ対策として検温です。みんな平熱でオッケイ!

水路掃除班は修身さんと水路に向かう途中、ある“装置”の説明を受けました。右の写真は、手洗い用の水を畑のそばに引くための“ろ過装置”で、修身さんが手作りされたものです。みんなが少しでもきれいな水で手を洗えるようにと、修身さんの優しい心遣いです。

水路に溜まった泥と格闘する勇者はこの4名。たくさん溜まった泥をかき出すのは大変な作業です。

午前中がんばって、水路がきれいになりました!(左が作業前、右が作業後です)

田んぼでは肥料まきの作業。風のせいで肥料を浴びながらの作業でした。

その頃、畑ではレディー3人でじゃがいもの植え付け。たくさんのじゃがいもを植えてくれました。

あっという間に午前中の作業が終わり、ランチタイムです。なんと、今年最初のお弁当は田中屋さんのお花見弁当。

ボリューム満点、しかもチョー美味しくて、午前中の疲れが吹っ飛びます。
このお弁当を届けてくれたのは、田中屋さんの女将さん。いつもありがとうございます!

ちなみに、ランチタイムはコロナ対策のために仕切りを設置。とよぽんの力作です。おしゃべりは控えめに美味しいお弁当をいただきました。

お腹いっぱいになったところで、午後の作業開始。田んぼは耕運と周囲の溝堀、畔の補修です。この作業もなかなかきつい作業です。

畑でも色々作業がありました。みんなで協力し合っての作業です。

残っていたじゃがいもの植え付けも男性陣がお手伝い。

作業は順調に進み、予定通り完了しました。

さて、こちらのきれいな“ハナモモ”をご紹介。これも修身さんがみんなのために植えてくれたものです。約3年でここまで育ち、今回はタイミングがちょうど良く、満開に咲いていました。

このハナモモの枝の間から身延山が見えていました。

こちらは、自生している草花です。今年発行した“生き物マップ”の来年版にはこういった草花も登場する予定です。田んぼにお越しの際は、色んな草花を探して教えてくださいね。

最後に、今回の参加者の集合写真です。ハナモモの前に集合してみました。

まだまだコロナの状況は落ち着いていませんが、今後の活動も無事みんなでできますように!

4月24日(土) もみまき、田畑の耕運・畝立て

お田植えに向けての大切な準備作業であるもみまき。12年目にして初めての場所での作業となりました。今回初めての場所で色々お世話していただいたのは地元の市川司さん。朝礼で道具や段取りの説明をしていただきました。

種もみは5人のスタッフが分担で芽出しを実施。広げて干しておきます。

育苗箱には専用の紙のシートを敷きます。
今年は“農林22号”と“満月もち”の2種類を植えるため、育苗箱に名前のシールを貼り、シートを敷いていきます。

そして育苗箱に土を入れ、きれいにならしていきます。

土をきれいに入れたら、浅く水をはったプールに浸け、土に水を吸わせます。じわじわと水を吸って色が変わっていくのは面白いですよ。

十分に土が水を吸ったら、育苗箱を並べ、4連の木枠を乗せます。一気に4枚の育苗箱にもみをまいていけます。

今年は播種機がないため、ひたすら手でまきました。

できるだけ均等にまくとこんな感じです。

もみをまいたら最後に土をかけます。昨年までは小型の播種機を使っていましたが、司さんが大きい播種・覆土機をお持ちで、今回はそれを使わせていただきました。

ハンドルをクルクル回すと、ローラーで育苗箱が送られていき、土がちょうどの厚さでかけられます。この機械がすぐれもので、覆土の失敗がなく、短時間で30枚の苗箱が完成しました。

この覆土作業を含んだ動画があるので、ぜひご覧ください。

田んぼできずなづくり2021~もみまき

完成した苗箱は、司さんの畑で約1ヶ月面倒をみていただくため、そちらに運んで並べ、育苗用のシートを掛ける作業です。

完成した苗床はこんな感じです。この中ですくすく育ってくれることでしょう。

お昼ちょっと過ぎでもみまき作業がすべて終わり、お待ちかねのお弁当タイム。今回も田中屋さんの激ウマ弁当です。そしてなんとなんと、お休みのとよぽんママからもデザートが届いていました!手作り“いちごムース”はいちごの香りたっぷりでとっても美味しかったです。

午後は、坂本さんによる畑の畝立て講習など、畑での作業がありました。
教わった後の練習風景の動画があるので、ご覧ください。

畝立て練習中

この日は午前中も田畑の耕運を3名(スタッフ2名、会員さん1名)が担当してくれました。残念ながら写真はありませんが、ありがとうございました。

そうそう、今年初めての挑戦も始動しました。下の写真は何かわかりますか?かわいい苗は、“藍”です。育った藍を使って、夏に“藍の生葉染”を計画しています。藍染に興味のある方はぜひ参加してくだいね。

すべての作業終了後、オフロードバイクに颯爽と乗った“若い兄ちゃん”がやってきた、と思ったら、なんと地元の遠藤さん。田んぼできずなづくりをこの地に招いてくれた方です。ヘルメットでまったく誰かわかりませんが(笑)、颯爽とバイクにまたがって走る姿、カッコよすぎです~。みんな大興奮のひと時となり、一緒に集合写真を撮りました。

東京都は緊急事態宣言が出てしまいましたが、次の代かきの日には解除されている予定です。早くコロナが落ち着いて、皆さんとお会いしたいです。その代かきは、5月15日(土)の予定です。

ではでは、皆様、また田んぼでお会いしましょう!

タイトルとURLをコピーしました